和紙の芸術:和紙さくらで入手可能な資料

文化的伝統の保存は、ここ熱心な芸術家の原動力の1つです 和紙さくらの。デジタル世界の紛れもない成長を超えて、和紙の職人技を完成させるためのスキルと忍耐力はまだ見過ごされていません。そのため、当店では、次のクラフトプロジェクトに追加できるもう1つの優れたテクニックである書道や書道を紹介したいと思います。

13世紀の中国にルーツを持つShodoまたは「shuji」は、美しいが骨の折れる書道や日本語の芸術的な書き方です。才能あふれる書道家成田眞美が提唱した「…書道を書くことで、ゆっくりと自分に正直になり、リラックスし、落ち着きを感じ、心と魂を込めて作品に印象と力を与えることができます」。

書道とは「書き方」を意味し、筆の筆運びや墨の濃さは、アーティストの情熱と感情に支えられています。それで、あなたがあなたの工芸品に注ぎたい意味のあるメッセージを持っているならば、私たちの店はこの芸術で使われる重要な材料で完全です。

6書道の材料

書道の深い芸術的経験の一部は、その使用された材料が過去に開業医によって個人的に作成されたということです。今日では、ほとんどすべての地元の工芸品店で見つけることができますが、ここ和紙さくらでは、低価格でのみ高品質の製品を保証します。

以下の最初の4つの項目は、まとめて「文房四宝」と呼ばれる最も基本的なツールです。これは、東アジアの執筆で使用される資料を説明するために使用される用語です。 

  1. Fude

Fudeは、書道の筆を指します。一つずつ細工されているため、複雑なアイテムです。彼らのホルダーは竹の品質ですが、剛毛はオオカミ、馬、リスなどの動物の毛から取られています。サイズによって、スリムとシックの2種類に分けられます。 

  1. スミスミ

は「すす」を意味します。焦げた木材(時には植物油から)と動物の接着剤から生成される黒い粉末状または薄片状の物質であるため、インクが付着する主なアイテムです。とはいえ、他の色が必要な場合、メーカーは松の枝からのすすを使用します。ふでのように、粘液と液体の2種類の墨もあります。 

  1. すずり

すずりは書道の硯で、アーティストがインクをこすり合わせて、黒の豊かさと柔らかさを表現したものです。構造は3つの境界線を持つ傾斜した鍋のような形をしており、新鮮なインクを保持するための最も深い端(「ウェル」とも呼ばれます)を作成します。一方、パンセクションは、アーティストが墨をこする場所です。 

  1. 和紙

もちろん、当店ではさまざまな種類の和紙をご用意しています。繰り返しになりますが、これは繊維で作られた伝統的な桑紙であり、他の通常の紙よりも丈夫で、インクを吸収するのに効果的です。 

  1. Bunchin

Bunchinは書道の文鎮で、書いているときに和紙を所定の位置に保ちます。 

  1. 下敷き

下敷きは、和紙を保持する黒または紺色の平らな面で、床に汚れが付くのを防ぎます。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です