紙折りの芸術

和紙さくら:の芸術

折り紙あなたは人生で少なくとも一度は折り紙に出会ったことがあるかもしれません。先生が紙を折りたたむエキサイティングな方法を紹介したり、新しく見つけた趣味を見せたいと思っていた友人を通して紹介したのは、子供の頃のアートクラスのときかもしれません。 

あなたが紙を折る技術に不慣れであるかどうかは関係ありませんが、それは調べる価値のあるものです。この芸術形式は、スキルを磨くための興味と献身があれば、簡単に教えて習得することができます。和紙さくらをスクロールして、折り紙についてもっと知りましょう。

オンラインカタログから折り紙和紙を購入することで、折り紙の旅をすぐに始めることもできます。お気に入りのデザインを選んで、和紙さくらチームがあなたの家に届けましょう。 

Hの折り紙のistoryは

多くの人々折り紙は日本から発信されなかったことを知らないかもしれません。中国で紙が発明されるやいなや、多くの芸術家は紙を媒体として芸術作品を開発する機会をつかみました。これは、紙のユンバオまたは折り畳まれた形の開発につながりました。 

紙の 雲宝でし は中国の葬式で最も注目に値するものた。葬式が始まる間、家族は折りたたまれたデザインを立てました。 

発明から間もなく、起業家の僧侶たちは平安時代に日本に紙を輸入しました。紙の折り方は素材と一緒に持ち込まれましたが、長い間、神道の儀式でしか実践されていませんでした。

日本の貴族はその技術を習得し、折り紙の芸術はこの時期にエリート技術になりました。裕福な日本の指導者の何人かは彼らの創造のために染められた和紙さえ使用しました。この時期の和紙は、高価で手間がかかるため、金持ちで力強いものだけに予約されていました。 

何世紀も経つにつれて、折り紙の芸術は全国に広がりました。多くの人に親しまれているスキルになりました。やがて、一般の人々が紙にアクセスできるようになると、折り紙は日本文化に深く根ざした文化的現象になりました。 

1880年に、この工芸品は折り紙として広く知られるようになりました。これは紙の折り方を意味します。それは折り畳まれた形を意味するorikataという言葉から来ました。折り紙という言葉は、紙を芸術的に折りたたむ方法であるため、芸術の形を最もよく表します。 

折り紙の祖父

折り紙は何千年も前から存在していますが、その形にはまだ限界がありました。ほとんどの場合、折り紙の形は、自然の形に似た幾何学的図形です。 

ウェットフォールディング技術が実装されたのは、吉澤章が折り紙を試したときだけです。彼は、紙に水を噴霧して素材を折りたたんで形作ることができるウェットフォールディングプロセスにより、先駆者が折り紙の形をより丸く、より彫刻的にするのを助けました。 

彼はまた、モデルの折り方に関する教材と記号が付いた折り紙の本を出版する責任がありました。これは、折り紙の作品を作成するときに世界が今日知っているシンボルを確立しました。 

彼は折り紙の祖父であり、この特定の芸術形態のスーパースターと見なされています。彼の最後の日まで、彼は折り紙を提唱していました。彼は生涯で5万を超える折り紙のフィギュアを作成しました。いくつかは彼の本に記録されましたが、これらの数字の多くは彼が死んだ後は決して再現されません。 

吉沢は2005年に亡くなりましたが、和紙さくらでは今でも折り紙の文化英雄と見なされています。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です