伝統的な和紙紙

和紙さくら紙の種類:伝統的な和紙

工芸品に関して言えば、伝統的な和紙よりも優れた仕事をすることができるものはありません。この耐久性のある紙は通常の紙よりも丈夫で、さまざまな創造的なプロジェクトに最適な素材です。 

高品質で手頃な価格の和紙をここ和紙さくらで購入してください。私たちと一緒にアートの旅を始めて、私たちの店から材料を購入してください。私たちのスタッフがあなたの創造的なニーズをお手伝いできるように、大阪のアウトレットを訪れてください。 

和紙とは

この伝統的な素材は、ミツマタ、ガンピの木、コゾの茂みなど、さまざまな植物の繊維パルプから作られているため、紙よりも丈夫です。その自然な一貫性は肉体労働によってのみ達成できるため、プロセスは細心の注意を払っています。 

和紙は、パルプと水の大桶の周りでフレームを動かすことによって作られます。繊維がバクテリアを発生させないようにするために、他の化学物質が含まれています。このプロセスは冬の間も行われ、バクテリアやその他の自然の抑止力の成長を抑制します。 

和紙の種類

和紙の主に3つのタイプがあります  ganpishi、kozogami と Mitsumatagami:。これらのタイプは、それらがどの繊維パルプから作られたかに基づいています。 ganpishiは 間gampiの木の樹皮から作られます kozogamiは 楮ブッシュから作られている。また 、Mitsumatagami紙 はの葉から作られています 三椏 低木。 

古くは ガナピシヒシ 紙はと呼ばれていました。その滑らかな表面と光沢のある表面は、それを上流階級に魅力的にします。この紙は主に、何世紀にもわたって豊かな日本の文化と歴史を保存するのに役立った本や工芸品に使用されます。 

コゾガミは伝統的にコゾブッシュから作られています。現在では、桑紙もこの和紙の作成に使用されています。製造が容易で、湿気にさらされても弱くなりにくいため、市場で最も一般的なタイプの和紙です。この和紙の耐久性を布と比較することができます。 

明治時代には、その強さと汎用性から和紙を使って紙幣が作られていました。当時の政府 みつまたがみ は、全国が取引に使うお金を印刷するために、和紙を使用していました。 

紙はアイボリー色なので、すぐに色あせすることなくインクを移しやすくなります。今日では、主に印刷物や書道に使用されています。 

和紙の用途和紙

が普通紙よりも優れているのは、その汎用性です。あなたはあなたのオフィス、ビジネスまたは個人的なニーズのいずれかを満たすためにそれを使うことができます。普通紙に比べるとかなり高額になることもありますが、特に芸術品や工芸品の場合、和紙は依然として優れた投資です。

和紙は、書道、スケッチ、折り畳み、通常の筆記など、考えられるあらゆる紙の用途に使用するのに適した素材です。また、デジタルアートのより良い印刷や、より環境に優しい未来のための自然なパッケージングにも使用できます。 

和紙の使い方にはたくさんの可能性があり、使い方はあなたの想像力次第です。今日、和紙さくらで初めての和紙を購入しましょう!私たちの製品名簿は、あなたのお金に見合う高品質が保証されています。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です